一日当たり何回も繰り返し一定を超えるシャンプー数、もしくは地肌を傷つけてしまうほど強い力を入れて洗髪するのは、抜け毛を増やすことになってしまうでしょう。

自分自身が「薄毛治療を機に、身体全てを健康・体力づくり体質改善するぞ!」という位の気力で努力すれば、そのほうが早期に治療が進むこともあるでしょう。
頭の髪の成分はケラチンという名のタンパク質の組み合わせから作成されております。ですから髪の毛のタンパク質が満たない状態だと、髪の毛が十分に育たなくなってしまい、はげにつながってしまいます。
現時点で薄毛の状態がたいして進行をみせておらず、数年をかけて発毛しようと思っているのであれば、プロペシアかつミノキシジル等という服用する治療の場合であっても大丈夫でしょう。
薄毛に関しては放ったらかしにしておいたら、いつか脱毛につながってしまい、さらに一層何も対処しないままでいたら、確実に髪の毛の毛細胞が全部死滅してしまって生涯髪が生まれ変わらない結果になってしまいます。
大概の日本人は髪の生え際が薄くなるよりも先に、頭頂部あたりがまずはげることが多いのですが、白人の場合は特におでこの生え際・こめかみ部分が後退しはじめ、時間が経つときれこみが進行しV字型となります。
毛髪には寿命がありそもそも髪のヘアサイクルの簡潔に言うと「成長期⇒休止期⇒脱毛」というサイクルを一生何度も反復し行っています。よって、一日に全50~100本くらいの抜け毛ならば心配になる数値ではないです。