美容 0 Comments

小ジワやタルミを防止するにはていねいな洗顔が重要です

日頃の生活から、肌ケアをきちんとおこなう事で、皺や弛みのないキレイな肌を保つことができます。弛みや、小ジワの目立たないお膚をめざす為には、美肌のためにいい食べ物を継続的に毎日の食事にとり入れたり、たるみ予防のためのアロママッサージを続けていくことが大事です。

季節の移り変わりによってUVの強さは変わってきますが、年間を問わずに常にUV対策をするのがエイジング対策に効果的だと言われています。紫外線で体を焼く事は、数年前迄は焼きすぎなければある程度は身体に良いと言われていましたが、最近の傾向では強い紫外線を浴びることは膚を損ねて身体にダメージを与えるものとされています。

紫外線に晒された膚は組織が傷ついて、膚を傷めてしまうので、できるだけ避けた方が良いと言われています。お肌にUVを受けると、それにより色素沈着ができたり、肌の水分が失われてしまうからです。

保湿対策によって、膚から失われがちな潤いをたっぷり補ってあげる事によって、強い紫外線からの影響を軽減する事が可能になります。オイルインクレンジングフォームを使用して洗顔する際には、毛穴づまりが洗い流しやすいように、皮ふの上にやさしくオイルインクレンジングフォームの泡を乗せていきます。

メイクオフ後の洗顔も、ホイップした洗顔料を膚にそっと乗せて、力まかせに擦ることのないように、泡を滑らせるように肌を撫でながら洗っていきます。微温湯で膚をゆすぐ事も、顔洗においてとても重要です。35度以上のお湯で洗顔すると、皮ふのバリア機能を担う天然保湿因子まで洗い落とすことになってしまいます。

微温湯洗顔が終わって、皮ふがまだ濡れているうちにアルケミーの化粧水をたっぷり使用して皮ふになじむようにコットンなどで浸透させ、ティント乳液で潤いを逃がさないように蓋をします。

UVの影響で乾燥しているお膚でも、入念な洗顔と乾燥肌対策を心がけることで、皮ふに十分な水分を補う事が可能なのです。